呼吸だけに集中しなければなりません

ほとんどの女性が経験している月の物歳月弱の様々な苦痛に、私は厳しく悩まされていました。
重いジリジリ、お腹の痛み、体のだるさなど、当たり前の振舞いかもしれませんが、あまりにもひどく、学生時代の友人の女医君に、相談してみました。
「月経前症候群」という語学を聞きました。
その手当のための薬はなく、安定剤などを取り扱うこともあるけれど、自分でコントロールすることが大切だと求められたのが、「呼吸法」でした。
その方法は、毎日5パイもいいから、ただ呼吸にだけ集中することです。
近頃、「マインドフルネス」が、TVで採り上げられることが多くなり、本も長時間出てきました。
その「マインドフルネス」の中の一つである「呼吸法」が、金字塔取り組みやすいことを教えてもらいました。
「マインドフルネス」において、ちょっと勉強してみました。
宗教的メリットは全くない、瞑想だと私は理解しました。
「現時点、こういうチャンスだけの気付き」を大切にすることが最も重要なことだと覚えました。
けど、これだけでは何のことか、どのようにすればいいのか分かりませんでした。
なので、マインドフルネスのCDを購入して、打ち込むことにしました。
ヨガや体の理解に注意を向ける体躯スキャン、様々な呼吸法があり、
私は、日帰り10パイ程度でこなせる「呼吸法」を常々積み重ねることにしました。
背筋を伸ばして座り、目を閉じて、10分間、
「吸って、吐いて、吸って、吐いて・・・」
って内面で唱えながら、しげしげと呼吸だけに集中しなければなりません。
も、何も考えない、何も頭に浮かべない、なんて無理です。
何のアレンジも感じられないし、とうにやめようかな、として傍らに相談するといった、
「マインドフルネスの解釈が、まだ出来ていないようだから、もう少し続けたら。」
と言われてから、1クラスがたち、これはマインドフルネスの結末かもしれないと考えることが出てきました。
1クラスで5隔たり体重が落ちました。
アダルトにきびが治まりました。
進め方が良くなって、体形が変わりました。
も、月経前症候群ものの姿の変化は決して変わりませんでした。
一番の意思を叶えることは、依然出来ていませんが、
これだけ仮面が変化するという、楽しくなってきました。
マインドフルネスには、様々な効果があるそうです。
これからも常々続けていこうとしていらっしゃる。片頭痛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です